OpenFOAM 2.4.0 リリースノート

提供: オープンCAEWiki@関西 OpenCAE Wiki@Kansai
移動先: 案内検索

2015年5月22日 OpenFOAM財団はOpenFOAMオープンソースCFDツールボックスのバージョン2.4.0のリリースをお知らせします。 バージョン番号2.4.0は、意味的なバージョンナンバリングを採用するために、課題管理システムの上の要求に従って、選ばれています。 私達の付番方式は現在MAJOR.MINOR.PATCHであり、:

MAJOR:使用のための下位互換性を壊し、 例えばケースファイルは、変更が必要になります。

MINOR:いくつかの内部APIを変更しますが、下位互換性の使用;

PATCH:内部APIを変更しないバグ修正。

これに基づいて、v2.4.0は変化との小さなリリースを、いくつかの内部のAPI、特にプリとポスト処理と関連して、以下に説明されるいくつかの新しい機能、およびバージョン2.3.1のさらなるバグ修正で説明します。

(次の主要なリリースは現在のOpenFOAM-devのリポジトリの機能に基づいたv3.0.0になるでしょう。)

OpenFOAM v2.4.0は200を超えるコードのコミットと約800のファイル変更を含みます。そしてOpenFOAM財団によってGPLの下に提供されます:

DebパックはUbuntu Linuxのために作成しました 他のLinuxシステムの上のコンパイルのためのソースコード。

前処理

foamCloneCaseは、ケースを複製するための便利な方法として提供します。 ケースから時間ディレクトリを一掃するためにfoamListTimesに-rmオプションが追加された。 ケースの迅速なセットアップを助けるために、テンプレートケースファイルを導入しました。 大気境界層のための境界条件は、改善され、より使いやすくされています。 GAMGソルバーのためのデフォルト設定を追加しました。 新しい#includeEtc記法はコンフィギュレーションファイルを便利にするために含まれました。 potentialFoamは、ポテンシャルではなく圧力を出力する方法を含みました。 shallowWaterFoamは複雑な、例えば時間変化や境界条件をサポート。

メッシング

blockMeshは現在1つのメッシュブロックの中で複数のメッシュグレーディングをサポートします。 新しいくさびと平面の押し出しを含むextrudeMeshは軸対称と2Dジオメトリの容易なセットのために追加された。 refineMeshはコマンドラインの操作性を改善しました。

熱物理のモデリング

違う熱伝導率を持つ複数の物質的なレイヤーの熱的なバッフルをサポートしました。

マルチフェーズモデリング

境界の補足は、時間内に2次精度で正しく、表面波を効果的に保つためにされています。


ポスト処理

データプローブのアウトプットは改善されています。 特にグラフのプロットのためにfieldMinMaxのアウトプットを改善しました。 functionObjectの用法を簡素化し、ケースに便利に差し込むパッケージ化しました。 新しい残差のfunction objectは指定されたフィールドの残差をファイルに書きこみます。 foamMonitorスクリプトはtime-valueデータ・ファイル(例えばforceCoeffs、残差)から時々刻々のプロットを提供します。 PNGフォーマットイメージからMPEG-4(.mp4)ビデオを作成するfoamCreateVideoスクリプト。 cellSourceおよびfaceSourceのfunction objectのアウトプットを改善。

原文